俺#

新潟市でIT業を営むおっさんのブログ。

Oracle10gの無償版が登場

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0511/01/news026.html

本番稼動の使用には、データが4Gバイト、メモリが1Gバイト、そしてサーバごとに1プロセッサという制限があり、ISVが組み込む際にもこの条件が適用されるという。

なるほど。無料にしておいてユーザーを囲い込んでおいて、データが4G越えたりCPUが1個で足りなくなったところからガツッと稼ぐと(笑)。基本的なエンジンは当然だがOracle10gと共通だというところが、強大な安心感を与えることは確かだよね〜。Oracleが無料だと言われるとPostgreSQLMySQLからちょっと乗り換えて見ようかと思ってしまう。次期SQL Serverにも無償版があるらしいが、SQL Serverが無料だと言われてもあまり乗り換えたくならないもんな(w