俺#

しょうがない。

ファイルサーバ消失による被害状況まとめ

文章にして頭を冷やして整理したいのでお付き合いください(笑)

開発環境のバックアップ先

今まさにアクティブに動いている案件などのファイル群。毎日ファイルサーバにバックアップしていたが、現在「作業用ノートPCただ1ヶ所」にしか存在しない非常にリスキーな状態。とりあえずUSBのHDDにバックアップする体制としよう。

Subversionリポジトリ

当該サーバのリポジトリを使うプロジェクトは、全てインアクティブな状況だった。最新のコードは開発環境に全てあるので、ほぼ困らないと言えよう。ただ、自前案件用のコード管理システムは必要だ。いずれ復活させないと。この際Gitにするか。

過去案件のアーカイブ

収束して開発環境から押し出された案件のファイル群。ちょくちょく過去のコードを参照したりしてたが、なくても困るレベルの話ではない。「あ!この処理、あの時のコードのコピペで済んだらラクだなー」的なモノ。業務的に必要になることもないだろう。多分。

過去メールのアーカイブ

社会人になってからのメール、全〜部欠かさずバックアップしてた。時代に応じて電信8号とか、シュリケンンとか、ネスケメールとか、Outlook ExpressとかのデータフォルダのZIP群である。これは完全に趣味みたいなもんだが、正直ちょっと悔しい。

isoファイルや各種ソフトのインストーラ

古いソフトのisoファイルやインストーラが多分入手不能なのと、有料ソフトのライセンスキーとかメモしたファイルをかなり失った気がするのがヤバい。iso化してメディアを処分したパッケージソフトも、何本かあった気がする。

まぁ、何が置いてあったのか思い出せないという点で、直ちには困らないのだろうが。

写真とホームビデオ

デジタル化して以降の写真が全て消失。これが一番ダメージデカい。

とはいえ、最近「過去の写真を見ることがあったか?」と問われればほとんどなく。デジタル化して撮影枚数が膨大になったら、面倒で写真を見る行為そのものが生活から排除された、という現代のジレンマにも気づいた次第。子供が独り立ちして、暇な老後になったら見返したり整理したりする事もあったのかもしれないけどね。

家族が写った10年以上前の写真、1枚だけプリントしてリビングに飾ってある。ごくたまにそれを見て「ヤツも大きくなったな」と会話する。人生それで十分だという気もしてしまう。強がりではなく真面目に。

映画とかドラマとかアニメの動画

せっせと録画して集めた連ドラ群が〜(>_<)。非常に残念だが、溜まるばかりで消費してなかったのも事実。入院とかした場合に備えて「Http Live Streamingによるオンザフライ疑似ライブ配信システム」なんてのも準備してあったのだが、当面お蔵入り。

音楽ファイル群

もう一度、全ての音楽CDをリッピングする...なんて事は多分ないわ。面倒だ。聞くならCDのまま聞けばええやん。ま。良く聞く曲のファイルは車用に焼いたCDーRや、SDカードから拾い出せるだろう。

秘密のフォルダ

あのレア画像もこのレア動画も全部無くなった。またコツコツ集めるさ...(ひゅーるり〜)