俺#

しょうがない。

横山手・渋峠スキー場に行ってきたよ

うわーん。スキー場はすげー景色良かった&道中は桜が満開だったからIS12Tで写真をバリバリ撮ったんだけど全部消えたよ。Zuneアプリの同期オプションが間違ってたわー。Zuneアプリ死ねばいいのに(>_<)。この世界に存在するすべてのデバイスはマスストレージクラスをサポートすべきだと思った。

http://www.shigakogen.jp/yokoteyama/

嫁に「シーズン終わる前に行って来い。」と追い出され単身で雪山修行(今季5回目)。息子は部活。一人で滑るの初めて。スキーはいつも誰かと一緒だった。まぁ、男性のおひとり様のスキーヤーなんて珍しくもないけどね。息子が独立したら自分もそれがデフォルトになると思う。好き勝手に行動したい性格だし、身近なスキーヤーは「すげー上手いヤツ」と「引退しちゃったヤツ」しか居ないし(^^;

06:20飯能発。08:50横手山着。リフトで中腹まで上って朝飯(肉うどん)。さらに上って準備運動して早速1本目。よし!










コケたァ!

盛大だった。過去の数あるコケの中で最も盛大なコケを記録してしまった。左上腕と左胸を強打して声が出る痛み方だ。「ヤベー。人呼んでもらうかー。恥ずかしー。」などと思いつつ、その場でしばし苦悶。このままだったら助けを求めたほうがいいわなー。でも人がぜんぜん来ない。実はコケたポイントの少し上でコースが分岐しており、ほぼ全員が自分と逆側を選択していたのだった。ハズレ*1か!こっちはコケる呪いでもあったのか?(ネーヨ)

結局誰も来ないまま10分くらいで急性期の激痛は去り息も整った。動くとビキビキと痛むが、立ち上がりさえすれば滑れそうだ。人が来なくて良かったかな。なんとか立て直しゆっくり滑り降りた。そして爽健美茶を買って休憩に入る。さっき始めたばかりなのにもう休憩だ。ガックシ。しかし、肋骨も痛いけど左腕のほうがヤバい感じ。肘から下は平気だが上腕が全く動かせない。車の運転やばそうだし撤退か。

でも足は無事だし撤退は勿体なくね?

20分ほど休んで「絶対にコケない(起きるのに腕が使えない&悪化すると困る)」を合言葉にゲレンデに戻った。今思えば冷静な判断とは言えないねぇ。「無理しない方がいい」とイチャモンを付ける心配する家族や仲間がいない、というのは恐ろしいものである。これが何度か滑った後だったら素直に撤退してたかもしれないけどなぁ。腕と胸を庇いながらマッタリとだが、結局16:00まで滑って満足した。

着替えが苦であったがゆっくり片づけ16:30横手山発。いよいよ運転だが...予想通り左手はギアにもハンドルにもハザードにも届かない事を確認。片腕運転で300キロ近く走るのかー。MTモードの操作はもちろんジュースも飲めないポテチも食えないラジオも操作できない。つまらん旅になる。しくしく。なんにしてもオートマで良かったとは思う。マニュアルだったらアウトだ。走り出すと運転では困らないことが判ったので(車庫入れが少々ツラい程度)、渋滞解消までの時間つぶしに諏訪に立ち寄り温泉に入り実家に顔を出して帰宅。

さて、本日の腕と胸だが「まだ痛い」ですなぁ。日を追って良くはなっているので、病院に行くかどうかは明日の朝の状態で判断する予定。腕は少し動くようになったし、胸も押すと痛い位になった。変に熱を持っている感じもないので、骨は無事なんじゃないかと思う。やれやれ、写真は全部消えちゃうし、散々ですな(>_<)

今回の走行距離:距離計の操作も億劫だ!
V36スカイライン総走行距離:知るかボケ!

*1:後で逆側を滑ってみたら、コケた側は幅が狭い外れコースだった。こりゃ敬遠されるわけだ。やはりコケたのは呪いのせ(ry