俺#

新潟市でIT業を営むおっさんのブログ。

愛車「Tern Crest」に泥除けを付けた #tern #crest #ミニベロ

冬の新潟はほぼ毎日が雨か雪なので、自転車はオフが基本だと思っているのだが(某掲示板の新潟自転車板ではローラー台所有率が高い感じ)、雨の合間に「ちょっと走ってくるか!」となるかもしれないので(おそらく甘い希望的観測だが(^^;)泥除けを付けることにした。

ていうかね、先日「貴重な晴れ間キタ!」とか思って走りに行ったら、消雪パイプの動作確認やってて延々数キロ水浸しだったわけですよ。偉いよね。どんなシステムも動作確認は重要ですよ。

f:id:yamagw:20181202015253j:plain
フロント。

f:id:yamagw:20181202015319j:plain
リア。

ちなみに取り付けた泥除けはどこにでも売ってるようなやつです。Crestには泥除けは似合わないなぁ。春になったら取り外そう(>_<)

日産ノート・メダリスト(前期型・ガソリンスーパーチャージャー)に乗った話 #e12 #note #nissan #medalist

NV350の車検の際に、2日間代車としてお借りしたので軽くレビュー。マイナーチェンジを機に追加されたシリーズハイブリッドe-Powerが話題のノートだが、純粋なガソリンエンジン車も旧型の直4・1500cc・NAからダウンサイジングし、直3・1200cc・スーパーチャージャーという時流に合わせた構成となっている。

youtu.be

その中でも「メダリスト」は、大型セダンからの乗り換えを狙い質感を高めた旧型「ティーダ」の後継を担うグレードと位置付けられ、装備てんこ盛り。しかしながら、プラットフォームはBプラットフォーム*1から、日産で最小となるVプラットフォーム*2に変更されており、車格ダウンのイメージは払拭できていない。実用性は遜色ないが、インパネの基本構造、シートの造り、ボディサイズなど、当然ながらノートのそれだ。

実はノートは最新の「e-Power」のモデルにも乗ったことがあって、同じプラットフォームでも出来の悪いマーチと比べて「全体的にかなりマシな車」だというのは知っていた。ただ、加速感が話題のパワートレインについては「感動するというほどのモノじゃないな」という感じで「でも燃費はいいのね」くらいの感想であった(なのでレビューも書いてない)。どうしても前車の先代スカイライン(V6・2500cc・NA)や現車のNV350(直4・2500cc・ディーゼルターボ)と比べてしまうので、致し方ないところではある。

ではガソリン・スーパーチャージャーのモデルはどうだったか?というと、

ええやん!かなり真っ当に走るやん!!

山梨県内の国道137号を甲府から河口湖方面に向かって走ったのだが(適度な上り下りとカーブを繰り返し、その間途切れずに登坂車線があるため、実質2車線のワインディングとして3桁に届きそうな速度でスポーティに攻める車も多い区間)ストレスなし。中央道の下り線、須玉ICから長坂ICの急勾配においても追い越し車線をリードできる速度が安定的に維持できるのでちょっと驚く。いずれも以前乗っていたV6・2000cc・NAのA32セフィーロでは苦しい思いをしていた場面だ。

エンジン回転数も常に低めで、巡行は静かだし上り坂で唸り音が響きわたるようなことは皆無。車体が軽い、トルクで有利な3気筒、ターボラグのないスーパーチャージャー、副変速機付きCVTという辺りが大きく寄与しているのだろう。乗り心地やロードノイズもクラスなりの仕上がりで悪くはない。300kmほど走っても(頭の悪い荒めの操舵を試した時を省き)「嫌だな」とか「足らんな」とか思う瞬間はなかった。

先代リーフやノートe-Powerは、どうしても高速では操作への応答がボンヤリする傾向があって「こいつで長距離は走りたくないな~」と思ってしまうのだ。最高速140km/hの設定ゆえモーターの回転数が上限に近くなっているからなのか、なんとなく「余裕が無い感じ」が表面化してくるのである。やはり高速走行ではエンジンでの駆動に一日の長があるという事なのだろうか?

もちろんe-Powerのほうが良い所も沢山ある。アイドリングストップ状態からの発進が一拍遅れたり(これはどのガソリン車もそうだけど)、低速域でのアクセルワークに対する反応が意図と異なってしまう結果になりがちなのは、繊細なアクセルワークに機敏に反応するe-Powerではなかった悩みだ。ゼロ加速もe-Powerの得意とするところで、街中なら間違いなくe-Powerのほうが快適。実用燃費もe-Powerが優れる。

ただ、車からの「まだ余裕ありまっせ」の手応えって、快適性はもちろん疲労感に多大な影響あるんだよね。高速道路でメーター読み120km/h前後で周囲の車の流れに合わせて巡行したとき余裕が感じられるかどうかは、自分がその車に乗って良いかどうかのボーダーラインだと気づいた。以前軽自動車のDAYSも許容範囲と評したけど、コストと引き換えにその辺を犠牲にする前提だからね。

という訳で、高速走行性能(応答性や気持ちよさを含めた性能)が勝る点、悪いといっても18km/Lくらいは走るまずまずの実用燃費を総合的に鑑みると、あえてスーパーチャージャーのモデルを選んだほうが幸せになれる層が一定数はいるだろう、という結論である。もし自分でノートを買うなら、さらに進化した将来のe-Powerに期待しつつ、今手に入る選択肢としてガソリンモデルが第一候補だと思った次第。

*1:旧型マーチ、キューブ、ティーダ、ジューク、NV200など。

*2:現行マーチと同じ。

自転車のタイヤ交換に成功した話 #自転車 #tern #terncrest #minivelo #ミニベロ

先日、愛車「Tern Crest」のタイヤを交換した際、自分でホイールにタイヤをはめる事ができなかったのは以前書いた通り。

yamagw.hatenadiary.jp

基礎的な手法の間違いが多少あったとはいえ、700cのクロスバイクなら難なく交換出来ていたので、「ミニベロだからなの?こんなに大変だとは!」というのが正直な感想だった。

「次の機会にまたチャレンジしよう!」と思っていたが、その機会が早くも訪れた。路上で後輪がパンクしたのである。停止して確認するまでもなく「パンクやわ~」と判る音。「ぶしゅるるるるるるるるるぅぅぅぅがががががが」みたいな。

パンク修理キットを載せていたのでタイヤを外しにかかったが、冷静になって一旦中止。もしまたタイヤがはめられないと、押して歩くことも不可能になってしまうからだ。しばしスマホとにらめっこ。修理以外の選択肢として以下が挙がった。

 1)嫁を召喚する(仕事が終わるまで5時間待機)
 2)家まで歩く(15㎞)
 3)最寄の自転車店まで歩いて修理してもらう(5㎞)
 4)最寄りの駅まで歩いて電車で帰還する(1.2km+420円)

「駅が近い!マンモスラッキー!」という訳で4)に決定してさっさと帰宅。運が良いね。チューブは古いタイヤの流用だったので、この際交換することにした。注文したチューブが本日着荷したので、早速修理に取り掛かる。

f:id:yamagw:20181115225226j:plain
↑タイヤがIRCなのでチューブもIRCで。WO 20x1 1/8(28-451)。

f:id:yamagw:20181115225415j:plain
↑タイヤの穴は4mm位。餅みたいにチューブが出たりしないのこれ?(^^;

f:id:yamagw:20181115225424j:plain
↑タイヤの穴を内側から。

f:id:yamagw:20181115225425j:plain
↑チューブの穴も同サイズ。ブッスリと何かが刺さったんだろうなぁ。

f:id:yamagw:20181115225719j:plain
↑多用途タイプのアロンαで両面から攻めて穴を塞ぐ作戦。少々の凸は走ってるうちになれるだろう。

f:id:yamagw:20181115225722j:plain
↑内側はチューブに当たるのが嫌なので、固まった後紙やすりで滑らかに仕上げた。

f:id:yamagw:20181115225903j:plain
↑本丸のタイヤをはめる作業は?なんと10分かからず終了!あれ?なんだこれ?前回と何が違ったんだ??

f:id:yamagw:20181115225950j:plain
↑これだ。チューブの太さ。手前が古いの。奥が新しいの。古いチューブは38mm用なので太い!(当たり前)

結論としては「チューブはちゃんとタイヤに合った規格のものを使いましょう!」という、考えてみれば当たり前のものになりそう。ネットで流用可能だって言ってる人がいたもんだから、何も考えずに流用してみたんだけど。たしかに流用はできるが副作用もある、ということですな。

ふむ。自信付いた。この手際なら路上でやったとしても30分はかかるまい。パンク修理キットではなく予備チューブを載せて走ろうかな。前輪のチューブが古いままってのもあるけど、穴を探してパッチをあてるよりチューブごと交換したほうが早くて確実そうだ。

自転車で使えるド近眼対応サングラスを買った話 #自転車 #サングラス #アイウェア #近眼

自転車に乗る際に着けるサングラス(バイク乗りは「アイウェア」と呼ぶのね)、ド近眼の眼鏡族にとっては選択肢の狭さが悩ましいところ。

度付きアイウェア → 値段が超絶高い
眼鏡の上からかけるサングラス → 重くてウザくて恰好悪い
クリップ式サングラス → お手軽だけど風は防げない

クリップ式サングラスは以下のように工夫された形状の製品もあって、これはオーソドックスなヤツよりだいぶ良かった。

a.r10.to

ただ、目が乾く問題は完全には解決せず。距離が長い日や風が強い日など、やはり力不足を感じてしまうのだ。なお、車やアウトドアで使う分には光の回り込みもなくなって大変に具合が良い。オススメの製品である。

さて、「とはいっても真っ当はアイウェアは高くて買えないしな~*1」等と思っていたところ、たまたま立ち寄った「CH one price」というレンズ込みで5,000円ポッキリの格安メガネ店で、度付きサングラスが目に入った。

「お!?少~し安っぽいけど格好悪くないな。これもワンプライス?まじで?」てな感じである。もちろんその場で購入。早速着けてみたが非常に良い感じなのだった。

f:id:yamagw:20181018185116j:plain
頬にフィットする形状で、走行中の風の巻き込みは段違いに少なくなった。目が楽!ホントに!!(歓喜

f:id:yamagw:20181018185126j:plain
サングラスを跳ね上げた状態。レンズが眼球に近いので、この状態でも風を防ぐ効果がある。真っ暗な田んぼ道も安心。

f:id:yamagw:20181018185130j:plain
重さは普通の眼鏡+クリップ式サングラスとさほど変わらない程度で、耳や鼻に疲れは出ない。

f:id:yamagw:20181018185135j:plain
普通の眼鏡との比較その1。(眼鏡を外して撮影したらピンぼけ。画面が全~然見えないのよ。)

f:id:yamagw:20181018185139j:plain
普通の眼鏡との比較その2。レンズの入った眼鏡部分が通常よりも湾曲しているのが良く判る。

f:id:yamagw:20181018185143j:plain
専用のケース付きその1。ケースも軽くて良い感じ。

f:id:yamagw:20181018185147j:plain
専用のケース付きその2。ライドの際は普通の眼鏡を入れて持ち出している。

f:id:yamagw:20181018185150j:plain
素人目には割と真っ当なアイウェアに見えるもんです。(無精ひげ状態なのでマスク(^^;)

f:id:yamagw:20181018185155j:plain
ただ、跳ね上げるとオタク眼鏡っぽい残念な感じに...。これは致し方なし。

私の場合、ド近眼なので薄型レンズ代が加算されたが、それでも1万円を大きく割り込む買価である。並みの近眼の人なら5,000円ポッキリだ。なかなか良いモノではなかろうか。

気を付けたいのは、レンズが目に近く斜めになっているので、世界がかなり湾曲して見える点。近視・乱視とも普段使いの眼鏡より度を落としてもらったが、それでも自転車に乗ると地面が近く見えて、三輪車に乗っているかのような感覚だった。距離感が変わって曲がり角で大回りしてしまうこと数回。2時間も乗ると慣れてきたが、最初はゆっくり走ったほうが良いだろう。

「CH one price」はチェーン店っぽいのだが残念ながらサイトがないようだ。Bingるとテナントとして入っている店舗情報が出てくる。主にショッピングモールに入っているようだ。

CH one price - Bing

関東圏だとモラージュ菖蒲、イオンモール土浦、名古屋ではイオンモール 名古屋茶屋、という感じですな。

www.aeon.jp

私が行ったのは「イオンモール新潟南」である。

フレームのブランドらしい「GIFIORE」で検索すると、楽天Amazonで類似商品が出てくるものの売り切れ状態。他にも売ってる店あるんかな~?

*1:絶対的な財力としては買えなくないんだけど。自転車がローエンドゆえ「自転車本体とさして変わらない価格の眼鏡ってのはバランス的にどうよ?」となるのだ。欲しいものは他にもイロイロあるわけだしねぇ。

新潟で暮らし東京の会社に勤める理由

進学のため長野から首都圏に出て、そのまま某大手企業に就職。5年で退職しフリーランスになって12年。子育て終了後に別の業界に転職する道はないか?と考えていたが、メーンクライアントの独立系企業から社員へのお誘い。関東圏外への移住を決めていたので一旦断ったが断り切れず、廃業して就職。2年後に新潟市に転居。現在は週1回東京に通いつつ、リモートで業務をこなしている。

多少の紆余曲折があったが、無理を言って社員として残してもらった*1のには理由がある。

ブラックなイメージが強いIT業界は、実は最も柔軟な働き方が可能な職種の1つである。相当範囲の業務がリモートでこなせるからだ。ITの進化によってワークスタイルの変革が可能になったのだから、そのIT業界が働き方改革を推進できなくてどうする?と思うのだが、改革の波はあまり大きなものではない。

個人の単位であれば話は簡単、フリーランスになれば良い。「紐付き(月額ないし年額で契約するメーンクライアントがある)フリーランス」ならリスクも少ないし普通に稼げる。もちろん「社員のメリット全部そのまま、もっと勝手気ままにやらせろよ!」というのが、多くの人が望んでいる働き方改革であろう。

IT業界は慢性的な人材不足。人が足らない今、実は変革のチャンスなのではないか?と考えたのである。

自由なスタイルで仕事をする人が増える
 ↓
働きやすい業界だと認知され人材が増える
 ↓
IT業界そのものが活性化する
 ↓
ほかの業界にも自由なスタイルが普及する

住むところが自由なら、好きな所に住めば良い。大都市一極集中が緩和され地方創生に貢献できる。休む曜日が自由なら、平日遊べばよい。観光需要のオフピークになり渋滞に悩まされることもなくなる。15時に退社して家で仕事できれば、子育ても捗るだろう。なんにしても、いいことずくめなのである。

その満員電車で毎日通勤することは本当に妥当か?
連休の度に渋滞する高速道路を走る事に疑問はないか?
家族と一緒に食事もできない生活に価値はあるか?

考えたことがある人はどのくらいいるだろう。惰性や慣習に囚われず、自分で考え自分で行動する人にとっての選択肢が少しでも増えて欲しい。

まず自分自身が「フリーダムな社員」の実例になってみることはできた。もっとも、実現したのは長い付き合いからくる信頼関係に依るところが大きく(これは本当に幸せで有難いことではあるのだが)、残念ながら制度とは言えない。しかし、ノウハウを確立し実績を積み上げれば、あとは制度化と横展開だ。

現在、弊社で「働き方改革」後のスタイルで仕事しているのは以下の3名。

1)社員。新潟県在住。週1回新幹線で通勤。(←私)
2)フリーランス。フルタイム契約。東京都在住。打ち合わせのみ出社。
3)フリーランス。希望により案件単位契約。長野県在住。基本リモートワークのみ。

フルタイムで働きたくない!という人も居て、それも1つの選択肢だ。うまい具合に受け皿になっていると思う。最終的には「フリーダムな社員」の仲間を増やしたいが、現時点では受け入れ側の人も制度も追い付いていない状態にある。とにかく「リモートでいける!」という実績を積んでいくしかない。

いずれにしても戦力が足らないので、フリーランスの人、副業の人、TwitterFacebookでメッセージください。仕事*2ありまーす*3。(サラっと求人)

*1:何かの組織の一員で居ることが不愉快な性格なので自分でも驚いている(ぉ

*2:下請けSIerと異なり炎上案件に突っ込まれる的なアホなことはありません。

*3:普通に東京で通勤する社員になりたい人も募集中。即戦力щ(゚Д゚щ)カモーン

なんか凹んでて調子が戻らない話

過去「落ち込んだ」とか「鬱になった」みたいなことはほぼ経験ないんだけど(色恋沙汰は省く(^^;)、此度はどうにも調子が狂っててちょっと困ってる。後で役に立つ事があるかもしれないので日記にしとく。

とりあえず思いつくままに現状を整理する。

支障を感じないこと

無計画に車や電車で遊び歩く
人が言い出したイベントに参加する
作ったことのある料理を作る
ブコメ漫画を読む
自転車を乗り回す
一人で完結できる仕事

出来なくなってると感じること

事前に計画して車や電車で遊び歩く
自らイベントを企画する
作ったことのない料理を作る
殺伐とした漫画を読む
新しいPCを組む
人を使う仕事

とにかく「段取りを組む」のが億劫になってる感じ。

嫁とデートするのに毎回「どこでもいいワン。決めてワン。ワオーン。」とかやってたら、ついに「おい!今回はお前が決めろ!」と怒られた。(注:俺が年下なのでいざという時は出会った頃のように「お前」に戻るのです。普通に円満です。悪しからず。)

転居後に友人一味が新潟に来てくれる計画があったが言い出しっぺにならないまま半年経過してしまった。メンバーの1人が痺れを切らして推進してくれたのでようやく具体化し、とりあえず宿だけは確保したけど他はまだ全然未検討。

その他、身内含めて顔を出したいところがいくつかあるけど具体化する元気なし。事前に連絡して日程調整して、、、というエネルギーがない。相手が言い出してくれればどこにでも行く元気はあるんだが。いやはや、勝手なもんですな(苦笑)

料理も新たに挑戦するとなるとある種の段取りだし(経験済みのものは「段取りの再生」だから平気)、システム開発で人を使う仕事なんてのはまさに段取りの塊であろう。RyzenのPCを組みたいが、これもパーツの選定が面倒で放置中。

しばらく中小企業で中間管理職的なことをやってたり、自宅の購入と引越しなどというこれまた段取りの塊みたいな事が続いたので、何かが燃え尽きたのかもしれない。

段取りと違う問題かな~と思うのは漫画。本来待ちに待った「レイリ」の新刊が出るというニュースが全然うれしくなくて(自分で発売を知らせるアラート仕込んでおいたにも関わらず「ああ、そうか」と思っただけ)「あれ?俺なんか変じゃね?」となった次第。これ、今日の日記のエントリーに記録しとこうと思ったきっかけである。

思えば、最近繰り返し読んでるのは「おしえてギャル子ちゃん」「からかい上手の高木さん」「ハイスコアガール」と、あとは川原泉や酒井美羽の古いやつを引っ張り出してみたり。緩いのばかりで、殺したり殺されたり戦ったりする内容のものを全く読んでない。

殺伐としたものを受け付けないのはどこかが疲れてるんかな~?とも思うが判らん。まさかもう全く戦えないレベルで心が老いてしまったのだろうか?(^^;

ふむ。なんか取り留めのないエントリーになってしまった。ま、いいか。とにかく何かエネルギーが不足してるという感覚があるし、あまり凹んだままだとさすがに良くないなーと思うので、とりあえず現状を記録したぜってことで。

自転車のタイヤ交換が完了できなかった話 #tern #crest #自転車

愛車Crestちゃんのタイヤ交換を試みるも、ホイールに新しいタイヤを入れることが出来ず敗北。これさ、自分で出来ないと出かけた先でパンクしたらゲームオーバーなんだよ。パンク修理キットを載せて走ってるのに、実はパンクしたら一発アウトだったという話なの。

道端で焦燥するオッサンの姿が目に浮かぶぜ!だっせー!!

Bingって情報収集するも解決できず、半日潰して手の皮も剥けたのでギブアップ。市内でミニベロを多く扱っている「あかざわ輪店」様に電話にてヘルプ要請。店頭で作業しながらの丁寧なレクチャー頂きました。些末な作業を快く引き受けて頂き感謝。

ご主人「空気抜いて1回試してみれば?」
俺「いやー、今日は勘弁してください(^^;」

ビアンキの店頭在庫を横目に見つつ、格好よく仕上がったホイール+タイヤを持って帰宅。ローテーションのタイミングまでにパンクしたら、路上でぶっつけ本番だなぁ。やっぱり試してみるべきだったか?(苦笑)

個人が発信してる情報は半分は間違っているということで、自分も基本から間違っていた部分があって(それでも嫁さんの700cは普通に交換できちゃってたんだけど)勉強になった。次は自転車買いに行きます!

f:id:yamagw:20180919121507j:plain
↑ご機嫌で作業開始。この頃は若かった(ぉい)新タイヤはIRCの20x1-1/8。

f:id:yamagw:20180919121515j:plain
↑元のタイヤとチューブ。20x1-3/8だけどチューブは流用しちゃう。

f:id:yamagw:20180919121525j:plain
↑「ショボい」と噂の標準のリムテープ

f:id:yamagw:20180919121532j:plain
↑確かに素人目にもショボい。ペラペラだし硬い材質だし。

f:id:yamagw:20180919121549j:plain
パナレーサーリムテープに交換。まだご機嫌で作業中。

f:id:yamagw:20180919121558j:plain
↑ミニベロはキツいと聞いてはいたが「そういうレベルか?」とか思いながらここで挫折。

f:id:yamagw:20180919121608j:plain
↑あかざわ輪店のご主人に仕上げてもらったもの。くやしいのうくやしいのう

f:id:yamagw:20180919121615j:plain
↑ついでに実施した嫁バイクのチューブ交換は難なく完了。700c簡単でいいなぁ(苦笑)。